神秘的なキャニオンディシェーハイキングトレール巡り

まだ観光ブックでもあまり知られていない、神秘的なキャニオンディシェーをご紹介します。

アリゾナ州の東北部のチンリ(Chinle)にあり、モニュメントバレー、アンテロープキャニオンと同じく国立モニュメントに指定されています。アルバカーキーから車で、ウインドウロック経由で5~6時間。フェニックスからフラッグスタッフ経由で8時間くらい掛かりますが、穴場で隠れ家のようなキャニオンです。

ビジターセンターでは、フリーの観光マップをもらえます。すぐ右隣には、松の木と土で作られたナバホ族の伝統的なホーガン(家)が建っていて、身近に感じることができます。

まずはサウスリムの一番奥の、スパイダーロックに向かいます。ここはスパイダーウーマンの神話の生まれた場所で、羊追いをしていた男の子が疲れて昼寝をしている間に隆起し、その時にスパイダーウーマンが現れ、男の子は蜘蛛の糸を綱の代わりに地上に降りることができたのだそうです。伝統的なナバホの毛織物は、スパイダーウーマンから伝わったと言われ、この聳え立つ岩は織物(アート)の神様と信じられています。この辺りは歴史的にも興味深い場所で、ナバホ族とホピ族が出会った場所でもあり、ここから100マイルくらい離れているホピメサから、ここまで歩いて物々交換していた歴史があります。ナバホ族のソルトクラウンの人々がそのルーツで、そのころスパイダーロックのあたりがキャンプ地だったのだそうです。パーキングから往復30分くらいのハイキングトレールになっていて、高台から見るスパイダーロックの絶景は格別です。ちょっと下を見ると立ちくらみしそうになるので、気を付けてくださいね。

ホワイトハウスは、紀元11世紀ころに姿を消したと言われている、アナサジ族の住まいの跡です。彼らは飛ぶ力があったとも言われていますが、ここで暮らしていたなんて!想像するだけでもいろいろなイメージが湧いてきます。ホワイトハウスまでは、往復数時間のハイキングトレールになっていて、地元の人たちのダイエットのためのウオーキングコースにもなっているようです。近くで見るとかなり迫力もあり、おすすめのスポットです。


サウスリム、ノースリムには、合計10カ所のオーバールックから絶景を楽しめます。お時間のある方は、シープツアー、ホースライドでキャニオンの中を探索することもできます。

サンダーバードロッジに隣接しているレストランは、バフェ式になっていて好きなものを選べ、スペースもゆったりしています。隣にあるギフトショップでは、ナバホの毛織物、ターコイズジュエリーなどのコレクションも多く充実しています。ロッジタイプで落ち着いた雰囲気で、キャニオンで夕日や朝日を満喫したい方は、1泊もおすすめです。お値段は$150から$250くらい。シーズン中は、ホテル、シープツアーなど予約が必要です。

0コメント

  • 1000 / 1000